What’s an Enzyme?

体の中では常に様々な化学反応が起こっています。

その化学反応を起こすのが酵素。

"酵素の働き"はヒトを含む生物が食べた物を消化し、食べ物から栄養素を抽出し体内に吸収させ、さらにその栄養素からエネルギーを作り出し、

筋肉を動かしたり、呼吸をしたり、細胞の新陳代謝を行ったりといった

全ての生命活動に関係しています。

すべての生き物は〝酵素〟があるから生きていられるのです。 

-体内酵素の働きと種類-

消化・吸収・運搬・代謝・排泄において重要な働きをする体内酵素。 

その体内酵素には「代謝酵素」と「消化酵素」という大きく2つの酵素に分けられます。 

  • 代謝酵素

    代謝酵素は人が生きていく上での様々なことに関係している酵素。 

    生命に関わる重要な役割を果たしています。 

    ・吸収された栄養素からエネルギーを作り出す働き

    ・新陳代謝 

    ・デトックス(体内の有害物質を解毒し、尿や汗などと一緒に排泄する働き) 

    ・免疫力、自然治癒力を高める 

    ・老化を防ぐ働き 

    ・体の成長 

    ・体の調節機能に関わる働き

  • 消化酵素

    食べたものを吸収しやすいように分解し、必要な栄養素をとりこむ為に必要な酵素。 

これらの体内酵素は私たちの体の中で毎日作られていますが、 一生で作れる酵素の量には上限や個人差があり、歳を取るにつれて酵素を合成する力も衰えてくると言われております。 

20代では100%合成できますが、40代では50%、60代では30%に低下。 

そのため、高齢者は消化や代謝の力が弱くなってしまいます。 

酵素は、体の中で起こるほぼすべての反応に関与していますので、体内で作りだされる酵素の量が少なくなると

体の調子も悪くなってしまう可能性があり、健康や美容に影響すると考えられています。 

-食物酵素は吸収されるのか?-


新鮮な野菜やフルーツ、発酵食品、生の魚介など、食物酵素を含む食べ物はたくさんありますが

結果としては食材の酵素は身体に吸収されません。 

食材の持っている酵素たちは、調理の過程で使われ壊れてしまいます。 

そして酵素は熱に弱く、約70°Cで働かなくなってしまいます。 

酸性の強い場所では活性が失われてしまうので、胃酸でほとんどが破壊され、仮に腸まで届いても、食物酵素自体が大きすぎるため、腸管から吸収できないのです。 

今までは健康のために”酵素があるもの”を体内に取り込む事を考えていたかと思います。 

情報がたくさんある時代ですが、正しい酵素の知識を理解していただけたのではないでしょうか。 

 私たちは情熱と追求心、そして素晴らしいチームとコミュニティがあります。 

これからの未来、誰もがウェルビーイングを感じられるよう、今後も製品、思想を通して健康の正しい知識をシェアしていきたいと思っております。